戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第6回 「住宅診断で差別化を」


今回はここ数年、買主様のニーズで多くなってきた『住宅診断』について

中古の物件を買う時に、買主様にとって一番の不安は建物根幹の耐久性や状態。
見た目も大事ですが、目に見えない基礎や構造、欠陥がないかどうかなどそういった不安を私もお客様からよく聞きます。

そこでお家を売る際に第三者に自宅を検査してもらい、客観的なお墨付きをもらうことで、買主様にも安心していただく。これによって物件の付加価値が上がるだけでなく、取引が終わってからのイザコザやトラブルも回避できます

アメリカの不動産市場ではすでに当たり前で、住宅検査無しで物件を売買するほうが珍しいほど。しかし日本では一部でしか実施されていませんので差別化にもなります
費用はおおよそ30坪のお家で10万円前後が相場のようです

この住宅診断によって、古い建物などは補修個所などが出てくることも当然あります。しかし、ご心配なく。買主様は『補修個所や修繕が必要』という理由で物件を敬遠するのではなく、『見えない、わからない』ということに不安をいだき敬遠をするのです
修理が必要でもリフォームの費用など事前に把握できるので安心して決断できます
住宅診断付きの不動産売買が日本でも常識になる日も近いのではないかと思います

連載コラムメニューへ戻る>>