戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第11回 「マンションの売却」


住まいを売る時のポイントは、当然ですが売る物件の種類によって違ってきます。
例えばマンションを売るのと、土地を売るのとでは伝えるべき要点も、付加価値の上げ方も全く違います。
今回からは物件の種類によって違ってくる、売り方のコツをご紹介していきます。
今回は『マンション』特有のポイントについてです。

マンションの場合は土地や一戸建てと違い『管理』に関することが重要になります
『管理状況は良好か』『計画的な修繕予定があるか』『共用施設の充実度は』などが買主様が気にしている点です。特に築年数の古いマンションなどでは修繕計画とそれに伴う管理費や修繕積立金の値上がり計画などを最近の購入者は特にチェックしています。

正直、修繕計画表とキャッシュフロー表を見て善し悪しを判断できるお客様は稀ですが、そういった書類をきちんと提示することで『きちんと管理しているマンションだ』という印象につながります。こういった書類は担当営業マンが管理会社から取り寄せるのが通常ですが、売主としても目を通して確認しておかれると良いと思います。

また、管理組合への参加状況や出席頻度などもお伝えできれば安心感になります。『どれくらいの頻度で役員が回ってくるか』というのは特に共働きのご家庭には気になるポイントです。
その他にも『駐車場の空き状況』『ペットの飼育状況』『上下左右のお部屋の家族構成』などを購入者は知りたがっていますので、ご返答できるようにされておくのが理想的です

連載コラムメニューへ戻る>>