戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第22回 「売却にかかる費用」


今回のテーマは『売却にかかる費用』

住まいを売る場合でも様々な諸費用がかかります。
売れた価格全てが手取りで入ってくるわけではありません
購入の場合と違って一般的に種類は少ないですが、事前に資金計画に入れておいてください。

ざっと挙げると、以下の経費がかかります

・仲介手数料
・各種税金
・抵当権抹消費用
・測量費用

他にも物件の書類や場合によってはかかりますが代表的なものが上記です

仲介手数料は売却を依頼した不動産会社に支払うもので、売却が成立した価格の3%+6万円です
売り出した価格ではなく、実際に売れた価格が基準になります

税金の中で一番大きなのは、売ったことで利益を得た場合、その利益に対して課される『所得税、住民税』などです。買った価格よりも売れた価格が低ければ課税はされません
あくまでも利益に対して課税されるものです。
また、他にも税金では契約書などに貼る印紙税などがかかりますが、15000円程度です

住宅ローンを借りている方は抵当権抹消費用がかかります。
1か所の借入先であれば、1~3万円程度です

測量費用というは、一戸建てや土地を売る場合にかかる費用です。
境界を確定したり、境界石を出したりする費用で20万円前後が一般的です

このように色々な経費がかかりますので、大体で良いので、売り出す前に把握をし
備えておくようにしましょう。


連載コラムメニューへ戻る>>