戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第24回 「専任媒介契約と一般媒介契約」


今回のテーマは『専任媒介契約と一般媒介契約』について

どちらも不動産会社に売却を依頼する契約形態の種類ですが、色々な取り決めがあり、細かな説明が必要ですが、ここではとても簡単に説明します

『専任媒介契約』は1社の不動産会社にしか依頼できません。しかし、業務状況の報告などある程度責任が課せられる契約です
『一般媒介契約』は複数の不動産会社に売却を依頼できますが、1社あたりの責任が軽い契約となります

これだけ比較すると多くの方は、複数に依頼できる『一般媒介契約』が有利な気がすると思いますが、現実には違います

複数に依頼できるということは、不動産会社からすると、どこの不動産会社で契約が決まるかわからないということです
不動産会社は契約が決まって初めて報酬をいただく『成功報酬』ですから、5社に依頼された場合には自分の会社で契約が決められる可能性は5分の1、契約が決まらなければ販売でかかった広告費などはすべて赤字になってしまうというリスクがあります。

ですので、多くの場合、一般媒介契約の場合には販売活動はかなり手薄となります

できれば信頼できる1社を見つけて『専任媒介契約』で依頼する
それが早期売却への近道だと思います


連載コラムメニューへ戻る>>