戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第30回 「住み替えについて②」


住替えのスケジュールを立てるときに一番最初につきあたる疑問は
『売りに出すのが先か?それとも購入物件を見つけるのが先か?』です
今回は『お家の売却が先』の場合のメリット、デメリットについて

お家を売りに出すと、一番不安に思うのは
『まだ移り先も決まっていないのに、売れちゃったらどうするの?』ということ

本当は売れるのはうれしいことなのですが、あまりにも早く売れてしまうと、購入を急かされるので不安です。売れたお金で住宅ローンの全額返済が可能だったり、住宅ローンがもうすでに全て支払い済みの方だと
『一旦、賃貸で仮住まいする』という選択肢もあります
しかし、住宅ローンの残債が売却額を上回ってしまう場合には、お家の引渡しまでに購入する物件を見つけなければなりません

このデメリットを少しでも軽減するには
『売却の契約をする際に購入者に数カ月の猶予をもらう』ということが大切です
一般的には3~4カ月程度ですが、実際に次のお家を見つける期間として引き渡しまで長めに期間をもらえれば少し気持にも余裕ができます。
実際もっと早く物件が見つかれば前倒しで引き渡しをすることも可能です(買主様了解の上で)

売却を先にするメリットは『納得のいく価格で売れる』ということ
また売却額が確定することで、資金計画も正確に立てやすいということも言えます

当然ですが購入物件の物件探しを同時にしておくことも大切です
忙しいなかの計画でもできる限りの準備は万端にしておきましょう




連載コラムメニューへ戻る>>