戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第34回 「住み替えについて⑥」


住替えのテーマの最後にその他の注意点として2点ご説明します

・住替えは売るのも買うのもできれば同じ業者が良い
・売りと買いが同時にできることを目標に早めに行動する

以上の2点です

遠方へのお引越しや新築マンションへの住替えなどで
『売り』と『買い』がどうしても別々の業者になってしまう、やむを得ない場合もありますが、もし可能な状況であれば、同じ担当者にお願するのがベストです

なぜかというと、住替えは最初から最後まで大変な手間とリスクがあります
不動産会社の担当者には全体を統括してもらうプロデューサーのような役割をして欲しいのです

住宅ローンの手続きや契約や取引連絡にしても『売り』と『買い』が別々の業者さんで
『当社は売りだけお任せいただいているので、お手伝いはここまでです』などと言われてしまうとあなたご自身の手間が増えてしまいますし、誰を頼ればいいのかと不安にもなります。

次に『売りと買いが同時にできることを目標に早めに行動する』について
どちらも同時に行えるようにするのが住替え成功の秘訣です

『売り』が先でも『買い』が先でも、それぞれの状況に合わせて
なるべく準備を早めにしましょう。

例えば、お住まいの売却活動をしながらもお時間のあるときに購入物件を見学に行ったり
検討中の購入物件がある場合にも、すぐに売却できるよう準備をしたりと
どうなっても、すぐに次のアクションが起こせるような行動力が成功のカギになります

後悔することのないよう出来る限りのことをやって
失敗しない住み替えをみなさんも実現してください



連載コラムメニューへ戻る>>