戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第41回 「注文住宅の場合」


注文住宅で建てたお家を売却する売主様の特徴として
『建物の評価を高く期待しすぎる』という点があります

査定に伺うと『注文で造ったから・・・』と
何度も言ってしまう気持はとてもよくわかります

そして、査定する営業マンもそんな売主様に対して
『今は新しい物件の方が需要があるんです』とか
『お気持ちはわかりますが、そこまで高くは価値がありません』
なんてとても言える雰囲気ではなくなります。

そして、売主様の希望額で売却を預かり、実際に売り出してみると
まったく売れずに時間だけが経過していく。そんな物件は実はたくさんあります

注文で造ったお家は、建売り物件よりは当然、評価は高いですし
実際お家を見せてもらうととても素敵なお家が多く十分魅力的です

注文住宅が建売りに比べて高い理由は
もちろん、使っている木材や、工法、設備などのグレードが高いのもありますが
『施主の夢や希望、わがままを極力形にするため、メーカーが時間と手間を惜しまない』からです。

ですので、中古物件として購入を検討する新しいお客様にとっては
『すでに建っている既製品であって、オーダーメードできる訳ではない』のです

せっかく魅力的な注文住宅物件も過剰な自己評価によって価格の冷静さを欠き
全く売れない物件にならないよう、自己評価を2割程度抑えるくらいの工夫が必要です



連載コラムメニューへ戻る>>