戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第46回 「賃貸中の物件の売却」


マンションや一戸建てなどを賃貸しているオーナーさん。
こういった方が、その賃貸中の不動産を売ろうとする場合のお話です

賃貸中の状態のまま、販売することもでき
『オーナーチェンジ物件』と言います

この場合には、現在賃貸している契約もそのまま引き継がれ
借りて住んでいる人にとっては、貸主のオーナーが変わるだけ
ですので、買う方も居住用としてではなく、投資目的の方がほとんどです

ですので、通常の売却と違って、購入者がかなり限定され
販売価格も安価になるケースや売却に時間がかかるケースが多々あります

一方、賃借人に退去してもらって、通常通りの売却をする場合
価格は一般的な相場価格で売却できますが

賃借人に退去をしてもらったりするのに、
交渉や手続きがうまく進まず、トラブルになるケースもあります

まず、現在の法律では『貸す』側のオーナーよりも『借りる』側の賃借人の方が
守られて保護された法律となっています
オーナー側から契約の解除を行う場合には、『正当な理由』が必要となりますが
売却をしたいというだけでは正当な理由として認められないことが多いようです

期間の定めのある『定期借家契約』であれば契約期間満了で理由は関係なく
退去してもらえますが、そうでない場合には苦労することもあります

このことを踏まえて慎重に進めていかなければなりません



連載コラムメニューへ戻る>>