戸塚、東戸塚の不動産売却のオンライン無料査定 戸塚区不動産センターってどんな会社? 戸塚、東戸塚で不動産売却された 売主さまの声 ここが違う 戸塚 東戸塚の不動産売却サポートメニュー 連載コラム 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問 戸塚 東戸塚の不動産売却でよくある質問

ホーム > 連載コラム

第50回 「買主に伝えた方がいい?黙っててもいい?」


売るときに不利になるようなこと
例えば、事件や事故、ご近所トラブルなどなど
めったにある相談ではありませんが、たまにあるお話です

伝えてしまったら、価格が下がってしまうのではないか?
いつまでも売れないのではないか?

出来れば話したくないという売主様のお気持ちも分かりますが
知っている情報は包み隠さず伝えて、その上で契約を締結することが望ましいです。

事前にお話すれば問題なく済むものも、後々知ることによって、
かえってトラブルになることもあります。

売った後まで、いつ気づかれるかなと心配するより
すっきりと売却された方が、精神的にもよろしいのではないでしょうか。

伝えた方がいいかどうかの判断基準については
「その事実を知っていなければ買わなかったであろう」
と認められるかどうか?という抽象的なものであって
明確な基準があるわけではありません

自殺や他殺などは告知義務になるのは明らかですが
その他の微妙なマイナス要素に関しては、悩むところだと思います

最終的に判断するのは裁判所になりますが
私個人的な考えとしては、
『告知したほうがいいかどうか迷ったら、告知する』です

買主さんの立場にもたって、公明正大な取引をこころがけましょう



連載コラムメニューへ戻る>>